--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'01.06.Wed

樹脂粘土・ふきのとう(途中)




ようやく始動しました(;・∀・)

『ふきのとう』の製作中です。

↓は花部分のパーツです。
約1㎝ほどのお花とつぼみ。
ふきのとう花部分パーツ

ふきのとうは食用としても有名ですよね。
春先にまだ雪が残る中、鮮やかな若草色の姿を見せてくれますが、
食用として使うなら、秋頃に草の間に隠れている開花前の小さなものが
柔らかくておすすめです^^

花言葉は「待望」「愛嬌」「仲間」 など。

冬休み中で家の中が雑然としていて、製作がなかなか進みません><
しばらくは遅々としたペースですが、次のイベントは2月なので頑張ります!
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )!!







今日は大雪です><
大雪といえば・・・
2日のブログにもちらりと書きましたが、
6年ほど前の北見地方の大雪を思い出します。
軽くトラウマになってます・・・。

4日間、家の中に閉じ込められました。
平屋の1戸建てに住んでいたのですが、
屋根からずり落ちてくる雪と、地面に積もった雪がつながってカマクラになりました。
玄関を開けることもできず、
家の前の駐車場のステップワゴンが跡形もなく埋まりました。

幸い、停電などにはならなかったのでインターネットと携帯、
家の電話が唯一のライフラインとして心細さを慰めてくれました。

普段からあまり買い置きをしない主義なので、
備蓄食料がほとんどなく、
お米もなくなってしまって、最後はスコーンやケーキやパンを焼いたりしてました^^;

オットは苫小牧方面へ1カ月ほど出張していて、
ちょうどいなかったし、小さな子供と3人で本当に心細かったのですが、
元来が楽観的な私。
どんどん埋もれていく家や庭を見て、子供たちと「すごいね!!どうなっちゃうんだろうね!?」
と笑っていました。
最後は「大きなカマクラだね!」と雪の薄いところから漏れてくる薄青い光を見てました。

大人は私しかいないのに、不安な顔をしていたら子供も不安になっちゃいますからね(;・∀・)
それにあれだけどんどん雪が降り続いていたら、
もう笑うしかないって感じです(笑)

初日に雪かきをしてみて、2mほどあけたつもりが振り返ると埋まっているんです。
近所の方と一緒に大笑いして「やめよう!」と家に引っ込みました。
そこからずっとその勢いで降り続いたんですよね~(しみじみ)

幸い4日目の午前中にオットの会社の方たちが人海戦術で除雪してくれて、
ようやく家から出ることができました。
すでに玄関のドアがあかない状態だったので、
外から救助してもらわなければどうにもならなかったのです><

実際のところあんな経験は2度とゴメンです。
あれは確か2月でした。
本気で(春は来るのだろうか?こんなにたくさんの雪が融けるの?!)って思いました。

でも、春は必ずやってくるんですよね。
自然って素晴らしいです。
太陽の力ってすごい^^




スポンサーサイト
粘土作品トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

サチ

こんにちは。
ふきのとう、作品楽しみです。春になると必ず食べます。いつも天ぷらですが、昨年はふきみそを作ったのを思い出しました。 大雪、大変ですね。。雪が積もらない所に住んでるもので、軽々しく雪の正月を迎えてみたいなんて言ってしまいましたが、閉じ込められるほどの雪を経験したら恐怖ですよね。。

スーパーにふきのとうが並び出したので明日買いに行きたいと思います。
作品楽しみにしています☆

2010/01/07(木) 16:17:03 | URL | [ 編集]

miz

サチさん、こんばんは^^
ふきのとう、実家ではよく「みそ」やお味噌汁にしています。
ふきのとうを見るだけで春を感じますよね!
もう、スーパーに並んでいるのですか(◎皿◎)
さすがに北海道とは違いますね。

大雪・・・あんなことは一生のうちそうないんじゃないかと思いますよ^^;
やはり雪の降る地域に住んでいても雪のないお正月は味気ない気がします。
ここ数年、年末ぎりぎりまで雪がなくても不思議とお正月は雪景色です。

雪が嫌いな私も雪が降らない地域に行ったら、懐かしく思うのでしょうね^^;

2010/01/07(木) 23:06:02 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。