--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'12.28.Wed

いまごろXmasネタ



ちょっとバタバタしすぎてて、クリスマスネタの時期を逃してしまいました(;´▽`A``

今年のクリスマスケーキはガトーショコラ。
お友達のオリジナルレシピです。
2011クリスマスケーキ
表面はさっくり、中はしっとりふんわりでとてもおいしかったです。

が、しかし。
生クリーム好きの私は、どうにも生クリームが食べたくて(いろんな意味でやけ食い)、
半額になったクリスマスケーキの5号サイズを買ってきて食べてしまいました_| ̄|○
カロリー摂取しすぎです。

そんな我が家のXmasを彩った雑貨はこれ↓
クリスマス用品

玄関にちんまりとこの2点(笑)
レトロな電飾サンタとBerry Berryの作家 Margaretさんのクラフトテープのオサレなツリー。

しかもXmasイブ直前に飾りました(;・∀・)




このほかに昨年、サンタさんから届くプレゼントのためだけに作った大きなフェルトの赤い靴下をぶら下げておきました。

今年はフェイントをかけて23日の夜にプレゼントを仕込んでみました(笑)
昨年・・・息子がプレゼントを楽しみにし過ぎて、24日の夜にほとんど眠らなかったため、
今年は1日早く、何も知らせずにプレゼントを仕込むことに。

24日の朝。
2人分のプレゼントが詰まり、大きく膨らんだ靴下の横を通っても、全く気付かない子供たち(爆)
数時間後にようやく気付いて、大興奮。

その夜。
「今晩、サンタさんが来ないなんてなんだか気が抜けるね。」と、息子。
(キミが興奮して眠れなくなるから、こういう措置をとらねばならなかったんだ!!)
と、心の中で叫びつつ「サンタさんも忙しいし、3連休だから1日早めてくれたんじゃない?」と。

10歳の息子はこれで納得。

問題は12歳の娘さん。
「サンタクロースはいると思うけど、うちにプレゼントを置いておくのはお母さんでしょ?」
母「ノーコメントww」

なんとなくお互いに気づいているのに、このままファンタジーを続行しようという共通の意識が見え隠れする会話です。

でも、娘の次の台詞が・・・・
「この間、学校で恥ずかしかった!!!私だけサンタクロースを信じてた!!!!ママのバカ!!!」

話を聞いてみると、担任の先生が「クリスマスプレゼントをサンタさんからもらっている人」とクラス全員に質問をしたところ、
ただ一人、うちの娘だけが堂々と手を挙げたそうです(笑)

先生は「やっぱり!M(娘の名前)らしいね~。」とニコニコ。

娘は恥ずかしさでいたたまれなかったようです。

もう、みんなの前ではサンタクロースを信じてるなんて言わない。
と怒ってました。

「そんなに怒ること無いじゃない。実際に『サンタクロース協会があって、試験があって認定制度まであるのにかたくなに否定するのもどうかと思うよ?それに人生にはファンタジーがある方が楽しいじゃない!」

と言うと、すんなりと納得してました。
反抗期が始まったとはいえ、まだまだ可愛らしい12歳です(*´∀`*)
だから、同じ年齢のほかの女の子たちと中々話が合わなかったりするのかもしれません。
そのあたりは気の毒ですが、それも娘の個性。
いずれ気の合うお友達が出来るかもしれないし、
自分の世界を広げて、その世界を大切にしつつも外側への扉を自由に開け閉めできるようになるかもしれない。

子供のころ、無条件に信じていたものが信じられなくなった時。
現実のものじゃないと気付いた時。
落胆するか、自分の中で何かに昇華するか。

小学生のころ、本気でフキの葉っぱの下を覗いて歩きました。
風が電線を震わす音にいろんな想像を掻き立てられて怯えて親にあきれられたり(苦笑)


大人になるとともに、自分の中だけで世界を広げてきました。
頭の中でどんな世界へ行こうが誰にもわかりませんから(笑)

ただ、それはあくまでもファンタジー。

自分の夢や希望までファンタジーと同じくくりにするつもりはありません。

自分に素直に。
周りの迷惑は最小限に(笑)

欲しいもの全てを手に入れることはできなくても、
自分にとってかけがえのないものや代わりのきかないものは大切にしていこうと思います。

それを見つけられたことも幸せなことだし、
一緒に頑張ろうと思える相手がいることも幸せなこと。


いつもありがとう。

与えてもらったら、倍以上にして与えてあげられるといいな。


スポンサーサイト
その他ハンドメイドトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。