--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'04.28.Thu

どうやら反抗期


12歳の娘。

近頃どうやら反抗期ヽ(;´Д`)ノ
かなり面倒。

毎日何かしら、親子の言い争いが繰り広げられています。

最近の彼女の言動を見ていると・・・
基本的に、「悪い」と分かっていてわざとにやる。
この一言に尽きます。

汚い言葉遣い。
ありがとうやごめんなさいが言えない・言いたくない。
親の言葉を聞いてないそぶりをする。
↑↑実際は聞いているのに、そっぽ向いたり「あっそ」などというんです(笑)
私が言い間違いをしようものなら、鬼の首を取ったように揚げ足取りをしますから( TДT)

反抗期だと諦めてしまうのはかんたんだけど、
私はやはり汚い言葉づかいは嫌いだし、
自分自身を貶めるような態度は受け入れられない。

大人や目上の人をバカにするような態度や、
弱者を下に見るような言動も許せない。

自分一人で生きているような勘違いは徹底的に正します(笑)





なんかね~、イライラしてるみたいでこの時期ってはたから見ていて気の毒になります(;・∀・)

自分自身もそうだったんだけど、
今となればどーでもいいことにイライラしたり、
素直に人の言うことが聞けなかったり。

自分が経験した分、そのいらだちはよくわかるけど、
やはりだめなことはだめ。
聞き流されても、私の言いたいこと、伝えたいことはしつこく言い続けます。

「おかしい」と思ったら、反抗期相手でも絶対に折れません。

言い合いの挙句、大きな音でドアを閉めて自室へ立てこもる娘。
30分くらいしたら、私はわざとに下の階で楽しそうに過ごします。

居間のドアを少しだけ開けて、こちらの盛り上がりが筒抜けになる様に(笑)

娘は気になって気になって、我慢できずに下へ降りてきます。
口元をゆがめて(笑)
照れくささでニヤニヤしちゃう口元を必死で引き結んでいるんです(笑)


で、顔を出したら「あいさつの魔法」の歌を大きな声で歌ってやります( ̄ー ̄)
例の「ポポポポ~ン♪」の歌です。
あの歌、なかなか使えます。
とても大切なことを簡潔に、しかも楽しく歌える!


怒りを持続できないのは遺伝のようで(;・∀・)
叱る側の私も叱られる側の子供たちも、
一時、カーッとしても数十分でクールダウン。

そのあとは、落ち着いてさっきの原因の話をすることができます。

それでも、また翌日には同じことで言い合いしてるんですよね・・・( TДT)

たぶん、この反抗期が終わるまでこの繰り返しなんだろうな~と思いつつ。

向こうが本気で立ち向かってくるなら、
私もちゃんと本気で伝えたいことを繰り返し伝えるのみです。

これって結構パワーを使います。
本気は本気ですが、なるべく感情的にならないよう・・・

親業って大変ヽ(;´Д`)ノ
自分が親にかけてきた苦労は、自分の子供からかけられているような・・・
いや、私がかけてきた苦労はこんなもんじゃなかったかも。

自分が色々な経験を重ねるほど、親に頭が上がらないような気がしてきます。

しかし・・・
この反抗期というのはいつまで続くんだ?
娘が落ち着いたら今度は息子?
知る人ぞ知る、あの息子が反抗期って・・・
想像もつかないわ(爆)


スポンサーサイト
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。