--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'03.18.Fri

最近のこと。


夜中に目が覚めることが多くなりました。

どうしようもない不安に駆られて、
子供たちの寝息を確かめたり、体を横たえたままじっと意識を集中して
「もしかして、揺れてる?」などと考えてみたり・・・

でも、私の住んでいるところでは毎日の生活は淡々と流れていきます。
ほぼいつもと変わりのない日常は続いていて、
気を引き締めながら、被災地の空の下を思いながらも冷静に自分のやるべきことをしていこうと思います。

普通に生活することが不謹慎ではないだろうかと、
思ったりした時もありましたが、それは違うと思うので。

氾濫、錯綜する情報に流されること無く、
必要な情報は与えられるものではなく、
自分で得るもの。

明けない夜はない、と信じつつ。
人間の強さやしなやかさを信じつつ。





今年も大切なお友達とお別れすることになりました。
しょっちゅう会っていた数人で小さなお別れ会。
大和殿を利用させてもらいました。


みんなで用意したプレゼント。
プレゼント

無地のクラフト紙で封筒を作って可愛いラッピングしてくれたMちゃん。
その上から寄せ書き風にみんなでメッセージ。

私のは・・・・
先に書いていたBさんに触発され、
思わずへんてこなイラストを(;´▽`A``
真ん中寄りの上のへんてこイラストのお腹に短いメッセージ。

「絶対、またね!」

彼女への感謝の気持ちはうまく言葉にできません。
正反対といってもいいくらい違うんです。

だからこそ、たくさんのことを教えてもらった気がします。
女性として、大切なものをたくさん持っている彼女には頭が上がらない感じ。

彼女と一緒にいると、自分がとてもがさつでどうしようもない人間に思えてくる(笑)
まだまだ教えてほしいこと、見習いたいことがたくさんあります。

同じ転勤族同士。
またいつか同じ街に住むこともあるでしょう。

不思議な縁を感じる彼女なので、
必ず、また距離が縮まるような予感がします。

Sちゃん、近いうちにまたね!



我が家はまた1年、この町でお世話になります。
この町にいることの意味を考えつつ、
中標津町を楽しもうと思います。



スポンサーサイト
雑記トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

MOMONGA

こんちは。

ほんとにね、私も同じ気持ち。
震災前と何も変わらない日常を送る事に罪悪感さえ持ったりしたけど
それは違うと思う。

ネットは情報が早いけど、こんな時だから余計
冷静に判断しないといけないよね。

プレゼントのイラスト、ツボだわ。
コレ、グッズにしたらいいんじゃない?

2011/03/21(月) 09:17:02 | URL | [ 編集]

miz

溢れる情報って・・・ちょっと怖いよね( ;谷)
なんていうか、のみ込まれそうになる。
周りの大きな流れに沿って同じようにしないと、
「だめ」みたいな雰囲気とか。

私は「みんなと同じで安心」と素直に思えないひねくれ者だからかもしれないけど(笑)
うちは家族全員そんな感じで、困ったものだよ(;´▽`A``

イラストをグッズ??
あんなイラストが?!
ありえなーーーい。
ふざけ過ぎでしょ(笑)

ほぼ一筆書きだよ(;・∀・)
(あ、もちろんSちゃんへの気持ちは痛いほどこもってるけど!)

2011/03/21(月) 12:20:41 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。