--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'09.30.Thu

ボルドーワンピ


搬入準備完了~!

ちなみに搬入は明日です。
現実逃避し続けて、数日、、、、。
ようやく重い腰を上げてみました。
でも、実はまだ作品に対する入魂コメントを書いてない><

こ、、、これは当日でもいい?よね?
当日、現場を見たらいいコメントが思い浮かびそうだし(Lumiさん談)
最後まで逃げの姿勢は崩しません( ̄‥ ̄)

そして、さきほどぎりぎりに仕上げたこれ。
ボルドーワンピ
こっくりとしたボルドー色のワンピース。

こんな風に胸元切替部分にタックが入ってふんわりしたシルエットです。
ボルドーワンピアップ

袖もふんわりとさせて、手首できゅっと絞ってあります。
どこまでも女の子チックに(笑)

袖口は共布をリブ代わりにキュッとさせようと思いましたが、
袖自体がたっぷり生地をとり、ふんわりしているので伸びの悪い共布では無理でした。
で、幅広のゴムを入れてみました。

このボルドーカラー。
本当にいい色です。

自分の分も作るつもりで、さっき裁断してしまいました(ノ´∀`*)
またまた、これを買った人は強制的に私とお揃いです(ごめんなさい)

私がイベント時に作る服。
コンセプトは「私が着たい服」(しつこく言い続けてるなぁ)
ということは、私とお揃いになる確率が当然高くなります。
世界に1着ではないです(笑)

仕方ないと思ってあきらめてもらうしかない、、、デス(;・∀・)





冒頭でも言いましたが。
いよいよ明日、葉風イベントの作品搬入です。
開催は2日から。

私自身の作品数は相変わらず少なめですが、
他の作家さんたちがすごいので、会場となるギャラリーはさぞにぎやかで見ごたえのある空間になることでしょう。

それを見るのが楽しみで仕方ありません。
本当にわくわくします。

話は変わって。
小学生は学芸会が近づいていて、日々練習に励んでいるようです。

娘が合奏の楽器選びについてモノ申していました(笑)
「また、鍵盤ハーモニカだよ( TДT)
木琴とか、他の楽器も頑張ってみたいのに!」
一応、立候補制だったりするらしいのですが、
そういう目立つ楽器は「ブラス(バンド)をやっている子たちに決まっちゃうんだよ!いつもそう」
と文句ブーブー。

まぁ、被害妄想も入っていると思うので、話し半分で聞いていましたが、
あまりしつこく鍵盤ハーモニカが嫌だというので、
「鍵盤ハーモニカって主旋律を奏でる大切なパートでしょ?」とか、
「ちょっとくらい間違っても、みんながいるから助けあえるじゃない?」とか、
色々となだめていたんですが、なかなかおさまらないので、、、、
「人はそれぞれ得意分野というものがあるでしょ?
合奏ならもちろんブラスをやっている子たちは得意分野なんだから、
活躍してもらわなくちゃ^^」と。
「君は君の最も得意とする分野で頑張ったらいいんじゃないかな。」
娘の得意分野は理科。
大好きで、得意で自主研究や実験をしてノートにまとめて、
しょっちゅう先生に提出しているようです。
先生も多忙のようだし、いい加減迷惑だろうなぁ(苦笑)

「理科の授業の時は張り切って実験や発言をしているでしょ?」
「うん。だって得意だもん!」
「だったら、他の場面ではそれが得意な人に活躍の場を譲ってあげないとね。」
というやりとりでようやく納得。

保育園に入園したころは、半年間一人でひっそり遊んでいるほどの引っ込み思案だった娘。
色々な経験を積み重ねて、ずいぶん自己主張の強い子供になったものです(;・∀・)

自分自身に誇りを持てるよう、
自分自身を大切にできるよう、
小さくてもいいからたくさんの成功体験を積み重ねて、
しなやかな心に育ってほしいと願っています。

自分を大切にできる人間は他人も大切にできるはずだから。

ただ。
自分を大切にするということと、自分を甘やかすことは違うので、
そのあたりが難しいところ(笑)

最近、改めて思ったのは、、、、
自分ができないことを隠したり、認めようとしないのはとても不幸なこと。
自分の失敗や、足りない部分をきちんと認めることでまた一回り成長できるはず。

大人になっても色々な人間がいて、
プライドが高いのか、自分ができないことを必死に隠そうとしたり、
虚勢を張る人がいます。
なぜ、そんなに虚勢を張って強がらないといけないのか不思議ですが、、、、

疲れないのかな、、、大変そうだよ。
器ばかり大きくても、ふたを開けたら中身が、、、ってことにならないよう、
私もまだまだ精進!


ってか、私は器が小さいからいいのか。
いや、その器じゃないよね(笑)

私は結構、いやかなり大雑把な人間で周りの友人たちの細やかな心遣いに感服します。
「あ、そうか!気がつかなかった!!ごめん!」と思うこともしばしば。
人の感じ方や受け止め方は色々なので、
色々な可能性に気づかせてもらっています。

もともと単純な私は昔、ある人に
「りんごを見て、その裏側は腐っているかもしれないし、半分しかないかもしれないと予測するべきだ。」
と言われて、
「なんで?!どうしてそんな意地悪な考えなの?!正面から見て丸いリンゴなら、普通に裏側も丸いとおもうよ!!」
と言い張って、失笑されたことがあります。

世の中そんなに甘くないということを言いたかったんでしょうね~(;・∀・)

こんな年齢になっても、まだリンゴの裏側を予測するのをしょっちゅう忘れますが、、、
食べはじめて、腐っていたら食べないで捨てちゃえばいいし、
後ろ半分しかなかったら、笑って「残念~」と言えばいいんじゃない?

あちこちから「馬鹿じゃない?!」という声が聞こえてきそうなので、
この辺で長文も打ち止め(笑)

スポンサーサイト
その他ハンドメイドトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。