--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'09.28.Tue

イベント用大人服・完成品


出来た、出来たよ。

まず、先日の試作品で白くてつまらない姿をさらしていたマーガレットボレロ。
マーガレットボレロ完成品20100928

チョコレートカラーのツィードネップニットで作りました。
このツィードネップ。
とても軽くて柔らかで色合いも可愛いのでお気に入りです。
やはり、白い試作用の生地とは全然イメージが変わるなぁ。


同じ生地でポンチョも。
ポンチョ完成品20100928
『THE 秋』という感じ。

生地をよーく見るとこんな風です。
ポンチョ生地アップ

左側にワンポイントでつけているモチーフは自作(!)

先日までキューピーのドレスみたいな微妙な編み物しかできなかった人と同一人物だとは思えません(笑)
著しい成長を遂げたようです(言い過ぎ)

このポンチョは同じ生地の色違いでベージュがあります。
明るく優しい色合いで、同じように同系色のモチーフがついています。

自分用にもベージュの方で、モチーフの代わりに小さなポンポンを2個つけてみました。
イベントの販売日にベージュのポンチョをご購入いただいた場合は、
強制的に私とお揃いになります(;・∀・)

今日はワンピースを2着くらい、さくっと作ろうと思っていましたが、
なんだか気分が乗らず、裁断台の上に生地を置きっぱなしで遅々として進んでいません。

イベントまであと少し。
最後の悪あがきをしなければ、、、。





久々にブログテンプレートを変更してみました^^
結構長い間、カエルテンプレを利用していましたが、気分転換です。

今の気分はこのシンプルな真っ白。

特に何かが解決したわけでもなく、
別に気持ちがクリアなわけでもないんですが、なぜか白。

ただ、新しいことが始まる気配と浮気心に影響されています。

浮気心とは。

私は、粘土でスイーツデコ→花と移って行きましたが、
ここへきて、どうしようもなく作りたいものが。

ずっと密やかに思い続けてきたものです。
もやもやと思い続けているくらいなら、一歩踏み出してしまえ。
同じ粘土なら材料も無駄にはならない。

そんな風に結論を出してみました。

ますます自分だけの世界観で突っ走ってしまいそうな感じですが、
イベント作品の搬入が終わって一息ついたら、
募った思いを形にしてみます(ノ´∀`*)

と、どうでもいいような決意表明をしたところで。
じゃーーん。
消しゴムハンコのネーム印
消しゴムハンコです。
昨日、彫り彫りしました。
自分の中では上出来だとご満悦中です(笑)

もちろん、これ以上複雑なものは到底無理。
この単純な文字が私の限界です。

限界といえば、、、、
我が家の車が限界(笑)
いま、色々と探しているところです。
車は足。
消耗品なので、高いものは買いません。
我が家は財閥じゃないしね^^;
買った後も、税金・車検・燃料代・果ては修理費なんてものまで。
購入代金を払った後も、お金がかかり続けるので、
子供が生まれてからは、車へのこだわりを捨てて割り切ってます。

もともとは車がとっても好き。

日本車には全然興味がなくて、
古い車が好きで、、、、
となると、専属メカニック担当がいてくれるような生活じゃないと(笑)
自分でできるのはオイル交換くらいです。

上の娘が生まれるまではミニに乗っていました。
日本車をメインで扱っている工場とかにお願いすると、
タイヤ交換程度でもサイズの合う工具がなかったり、
ボルトを折られたりとトラブル勃発だったので、
オイル交換くらいは自分で出来るようになってしまいました。

ミニはフロントグリルをはずして、オイル交換をするんですが、、、
私の外見を知っている人は、そんな姿を想像できないでしょ?
でも、ちゃんとやってたんです。
メンテをまめにしないと調子が悪くなっちゃうから(;・∀・)

娘がお腹にいるときに、乗りまわしていて切迫流産になりかけたので、
車庫に封印して、そのあと「どうしても」と言われて札幌の親戚に貸しだしたら、
車庫がなかったので、錆だらけになって再起不能。
なくなく廃車にしました><

自分好みに色々と手をかけ、お金をかけ、、、、そんな愛しいミニ号でした。

画像フォルダを探してみたら、ちゃんと残っていました。
懐かしいなぁ、、、
キュートな後姿

居心地のいい室内


そうそう。
左ハンドルのマニュアルだったんです。
イギリス車なので、基本は日本と同じ右ハンドルですが、
これは輸出仕様ということで左ハンドル。

エアコンもないので、うちわと扇子が必需品で、
いつもサンバイザーのところに挟んでありました(笑)

不便なところも多い車ですが、
乗れば乗るほど愛着の湧く車です。

たまに見かけると、ほほえましい思いで見つめてしまう車でもあります。

そんな私なので(どんな?)
子供が常に一緒に行動するうちは、
「足」としての車でいいと思っています。
妥協に妥協を重ねつつも、使い勝手のいい車が見つかるといいな^^

いつか、子供が離れてまた自分一人で行動することが増えたら、
その時にはまた、自分の好きな車に乗ろうと心に固く決めています。

乗ってみたい車はいくつかあるのですが、
私が乗る頃まで現存しているのかどうか、、、それが一番心配(笑)



スポンサーサイト
その他ハンドメイドトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。