--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'09.17.Fri

ミニ盛りイチゴ


小さなカップ&ソーサーに。
ミニカップいちご

ちょっとした場所に飾れるような、
お手頃サイズの作品を!
という周囲の声に負けて(?)
大きさの目安に置いたのは15㎝の竹定規です。

ソーサーが楕円形で空いてるほうが寂しかったので、
Mちゃんから「強奪した(笑)」バテンレースを敷きました。

Mちゃん、ちょうどいいサイズだったよ~^^
色もやはりいい感じ( ^▽^)

このカップの下に敷くもので、悩むこと数日。
私らしくもなく、一番苦手とするかぎ針編みに手を出してしまいました。

「なんかわかりやすくて、可愛いのが載ってる本を貸して~」
とよっしーに泣きつき、
何冊も抱えて、やってきた心優しきよっしーこと「fizz」さん。
(あれ?よっしー=fizz(かぎ編み作家)ってネタバレしてもいいんだっけ?)

本を見ながら、編むこと2時間。
奇跡の1枚
なんてエレガントな((( ;゚Д゚)))

しかし。

本人は平たいコースターを編んだつもりです。
心のひだが多いせいか、コースターまでヒラヒラに(笑)
キュー○ーさんのドレスのようです。
これをカップの下に引くと、
まるでカップがバレエのチュチュを履いているかのようになります。

でもね。
編むのはとても楽しくて、
もうすこし頑張って続けてみようかな、と思います。
『編めるようになったら、編んでみたいものがいっぱい』なんです。
針と糸があればどこでも出来るのも魅力(ノ´∀`*)
がんばろ!






じゃーーん。
トチの実

トチの実です。
栃の実。
栃の木になる実です。
食べられます。
ドングリのように渋抜きをして、もち米と一緒についてトチモチとか^^

絵本の「モチモチの木」は栃の木です。
この実、とっても可愛いんです。
子供たちもよくおもちゃにしているので、
おもちゃ箱から何年も前の実が出てくることが(笑)

毎年、栃の実を手にしてまずやりたくなるのはこういうこと↓
トチくん
栃の実のトチくんです。(くだらない)

この独特の外見。
見る人によって、全然別のものに見えるみたい。
フクロウとか、サルとか、ハイレグ(死語?)の水着を着たお尻とか(爆)

想像力って人それぞれで面白いなぁ。

想像力といえば、、、
先日、私が石ころに色々描いていましたが、
それはこうなりました(笑)
顔面ワールド
もっともらしくキャンバスに貼り付けて、リビングに飾ってあります(笑)
捨てるに捨てられない我が家の困りものナンバーワンとなっております。

こうして日々、くだらないことに全力投球気味の私ですが、、、
体調の悪さを何とかしようと、薬膳を食べることにしてみました。

薬膳、結構好きです。
土鍋で蔘鷄湯(サムゲタン)です。
サムゲタン
本当は丸鶏で作りますが、一般ご家庭用ということで^^;
高麗ニンジンをはじめとして栄養価の高い食材を使うので、
滋養強壮にはもってこい。

今回は一から忠実につくらず、
市販のスープをベースに、自分でアレンジしてみました。
もち米も使わず、普通に炊いたご飯を入れて雑炊風です。

熱々を食べているからだけではない、汗がダーーーーッと出てきて、
いつまでもいつまでも足の先までホカホカでした。

土鍋で煮込んでいる最中は、
家中に漂う高麗ニンジンの香りに子供たちが
『な、何の臭い?!((( ;゚Д゚)))』とおびえていましたが、
たっぷり煮込んで鶏のダシのきいたスープに、おかわり連発(*´∀`)

サムゲタン。
私は本当に好きで、機会があれば食べてます。
韓国料理ですが、辛くないし(笑)

しかし、、、
昨日、これを食べたから今は元気ハツラツ!とはなりませんでした><
秋バテってやつですかねぇ、、、
このくらいの時間になると倦怠感が、、、自律神経系なのかなぁ。

あまりグズグズ調子が悪い感じだと、
両親が心配して乗り込んできちゃうので、
電話口では「大丈夫、大丈夫」と(笑)

子供のころから虚弱だったので、
未だに心配ばかりかけてます><

こんな私から生まれた子供たちは熱を出して寝込むのは1年に1度程度。
ありがたいことです( ´-`)

まぁ、憎まれっ子世にはばかるともいうし、
グズグズしながらも私は長生きするでしょ、たぶん(笑)

スポンサーサイト
粘土作品トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。